しずくいし混声合唱団 「山に祈る」 2019.6.30

「山に祈る」はおそらく60年くらい前の作品と思うが、今日のステージではその作曲の意図が古さを感じさせず伝わってきた。朗読は感情過多にならず、演出もごく一部にシンプルな照明を使用しただけのもの。濡れたからだが冷え切って命が遠のいていく怖さは時代なんて関係ない。通して聴いてみて音も構成も立派な曲であることに改めて気づく。これはいい経験をした。聴衆の気持ちを十分に惹きつけていたと思う。

プログラムは画像のとおり町の合唱団らしさ溢れる多彩なもの。コンサートの雰囲気が練れていて飽きさせないのはさすが。

福田公子さんと箭野純子さんのピアノは、今日もたいへん大きな力となっていた。

画像


画像


画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス