ITO Tetsuya

アクセスカウンタ

zoom RSS パレッタ2008.10.15

<<   作成日時 : 2008/10/15 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きのうは書きっぱなしでアップしていなかった。少々意識朦朧だったような(^^;)
今日の練習も団員にとっては踏んだり蹴ったりだったかも知れない。「そこまで言う!?」みたいなことを随分言った。コンサート合唱団を標榜しているからには、あるレベルの意識をもってもらわないといけない。合唱経験の長短があるのは構わない、うまい下手の差があるのもあたりまえのことだ。だが、聴き手に対する誠実さが欠けているとき、許すわけにはいかない。聴き手不在の自己満足の演奏がどんなにいやらしいことか。そんなもの絶対聴きたくない。「あんたの事情を何で客の私が斟酌しなきゃないの?」ってことだ。テンポを、音程を正しくとるのと同じで、己を虚しくして、力を抜いて、まずはスッと流れに乗る。そして、伝えたいこと、熱い想いは堂々と表現できる歌い手であって欲しい。

記憶のメカニズムそのままに、一番回数の多かった歌い方が、いざとなればすぐに顔を出す。「それは違うんだよ」という批判と修正をいつでもできることが必要だ。それは注意力に他ならない。

大笑いしたり、大ふざけしたりの合唱団で構わない。ただし、いざというとき、集中力を発揮できることがうんと大事だ。

今日1回だけ通した「緑の町」。久しぶりにやると、2003年と同じ歌い方に必ず戻る。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
パレッタ2008.10.15 ITO Tetsuya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる